毛孔メニューって逆効果なの?

小鼻の黒ずみが気になって、週間に一時くらいのペースで毛孔構成としているんだけど、これって逆効力なんですってね。

まさかビックリしちゃいました。

ふさわしい用法が出来ていれば平気みたいなんだけど、毛孔構成って無理に隅栓に詰まった角質を除く方だから、毛孔に負担がかかるんだそうです。

毛孔構成による後の毛孔は解き放ちきった状態で、余計に滞り易く患うから、構成後は毛孔をキュッと引き締めて吊り上げるようにすることが分かれ目的。

このことを知ってから、毛孔構成による後は冷蔵庫で冷やしたメーキャップ水として、毛孔をキュッと引き締めるようにしています。

洗い形も変えて、敢然と泡立てて洗いを通じているんだけど、劇的に設定が現れるような感じじゃないから、一年中せっせと保全を通して出向くのが、小鼻の黒ずみ戦法には大切なのかもしれませんね。

黒ずみが気になると、とにかく念入りに保全をしちゃいがちに罹るけど、これも毛孔を傷つけちゃうから言語道断ですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です